10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

車を飛ばして80分、1時半並んだ噂のどじょう鍋

2017/02/20
テレビで放送していた!
とにかくすごーく旨いらしい、とダンナ。

そんなら、食べてみよう!
ということで

韓国で噂のチュオタン(どじょう鍋)の店を目指して、ソウル郊外へ。
韓国のチュオタンは昔から庶民がよく食べた伝統健康食で、
専門店でしか味わえないのだ。

ソウルの景色とはまったく変わって、すごく田舎らしい伝統家屋に到着。
車もいっぱい、中庭には待ってる人もいっぱい…。



そんなに旨いのかぁーーーーー!!

と期待は高まる。

中庭には、井戸水が溜まった深い水槽?
あらま、生きてるどじょうがいるわ。
内側についているコケをもりもり食べてる。



ドジョウ一匹分の栄養価は、あのウナギ一匹分の栄養価に匹敵すると言われています。
たんぱく質が豊富で、カルシウムやビタミンA・B・Dが多いので精力増進、強壮剤として有名。

ところで、私は日本でどじょう鍋を食べたことがあるだろうか?
たぶん、ない…。

ドジョウは姿、形がグロテスクでヌメリが強いため、食わず嫌いの人の多い魚?
日本でもなんとなく食べるのを躊躇してしまいそうな料理ですね。

韓国では、やわらかく煮込んだドジョウを磨り潰してペースト状にする料理法がある。だから、魚の姿は見えない。
いろんな薬味が入っているので、生臭くはない。

20170220 blg

韓国では何度か食べたことはある。
この辛さが、私は好き。

寒い中、外でがんばって待った。
15時に着いて、16時半頃にようやく席に案内された。
座ったらすぐ、運ばれてきた。

さぁさぁ、これが「チュオタン」か!



おぅ!アワビも入れるんだね~~
どじょう入りの揚げ餃子も5,000ウォンで追加できる。

うんうん、味はさすが、おいしーーーーーー!!!
すり潰したどじょうの量は多く、スタミナ満点だ。

慶尚道(キョンサンド)とか全羅道(チョルラド)とかソウルとか、地方によって作り方が違うようらしいが、
今回食べた鍋は、白菜、ネギ、にんにく、エゴマ、味噌、唐辛子粉が入ったとろみのあるスープだった。
コクがあって、辛さも私にはちょうど良い。
でも、アワビの味は特に感じなかった。

この店では写真のようなセットで
1人12,000ウォン(約1,200円)
+揚げ餃子5,000ウォン(約500円)。

有名店だからか、アワビが入っているからか、ちょっとお高め。
普通ソウルで食べると、7,000~8,000ウォン(約700~800円)。
日本だと2,000~5,000円くらいらしいので、韓国の方が庶民的な料理なんだ、と実感。

体もあったまり、ここまで来てよかったとダンナと笑顔に。
子供はすべての料理が辛くて食べれず・・・。
海苔とご飯だけ食べさせて、ごめんね。

辛さを控えたチュオタンを我が家で料理できるように
研究するかな。


*「読んだよー」のしるしにポチっとクリックしていただけたら、うれしいです!いつも応援ありがとうございます。
こちら↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加




世界中30,000社以上の格安ホテル・ホステルを予約可能!!【HostelsClub.com】


スポンサーサイト
11:00 未分類 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。