04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

男性が羨ましいけど、考えても仕方ない。女性を楽しむさ

2017/03/02

私は女性です。しかし、男っぽい女性です。
女性は、女性に生まれたことを自然に受け入れ、
幸せに生きていると思う。

私は、昔から自分が女性であることに
悔しい思いをしている・・・

女性で悔しい と思うのはどんなときか。

スポーツで男性と対等に戦えない 
ビジネスで感情が邪魔をする 
ホルモンバランスに左右され、物事がうまく進まない 
思いっきり喧嘩した後、男性同士のように関係が良くなることはない
 
一人旅をしにくい 

あなたが女性なら、
たまに感じたことはあるのではないでしょうか?


私は本当に「男っぽい女性」なのかと、
その特徴と自分を重ねてみた。

可愛いものが苦手    確かにピンクとかダメ。
決断力がある    たぶんあるほう。
物事をはっきり伝える    言いたいことを抑えられない。
感情を優先しない  微妙
姉御肌    かなり・・・すぐ面倒みちゃう。
単純  微妙
女子っぽいことが恥ずかしい    化粧やラブリーなファッションが苦手。
案外器用    デザイン、料理などクリエイティブな事が好き。
実は寂しがり    繊細であることを隠して、孤独と戦う。
甘えるのが下手    素直になれずにツンツンしてしまう。

あぁ・・・・けっこう当てはまっているぅー


人それぞれ「男らしいの定義」は異なりますが・・・
特に男性目線から見る男らしさと、女性目線から見る男らしさでは、
解釈が微妙に違うかもしれません。


子供たちを見ていても、
私は女の子より男の子に対して「かわいいー!」と気持ちが高ぶります。
こんな私が女の子を持っていたら、
どう育てていいのか、わからないかも。

私の幼少時代は、父の影響で
男らしい服を着せられていたし、いつも髪もショートカットで刈上げのときもあった。
当時はそれを嫌がっていたけれど、
かわいい服や髪止めやアクセサリーを知らないで育った私は、
女同士の「きゃー、かわいい~」などの会話がうまくできません。

現在、化粧をしないと外には出れないようなオバサンになっていますが、
化粧については無知、よくわらないんです。興味がないからですね。
韓国に住んでいると、

「韓国の化粧品、良いでしょう?どんなのが良い?」

なんて聞かれると、本当に困ります。
鳥肌が出ます。

で、何に興味を持っているかというと、

車、起業、アウトドアスポーツ、映画、旅行、料理

といったところですが、まぁ、男性が好む分野ですね。
道路を走る車の種類は、たいていすぐに覚えてしまいます。
そして、その車の値段も気になります。
今まで住んだ国の車、だいたい記憶しています。

自慢でも何でもないです。
ただの変な女なんす。

ダンナの仕事は美容業界で、長年、女性を相手にしている。
そのため、化粧、香水の匂いにウンザリしている。
おかげで、私みたいに車好きな女でも良かったのかも。

世の中には、男性がどうしても女性になりたくて心身ともに変身する人もいるが、
私は女性である喜びももちろん感じている。

料理する時間をたくさん持てるし、
髪の毛で雰囲気を変えたりできるのは女性ならでは・・・
とかね。

女性は最後には一人で生きていける。
何でもできるのが女性。
仕事も家事も育児も。精神も強い。
女性ってすごい!

でも・・・次は男に生まれてみたいけどね。


では、最後に男料理!
男が作る料理にはインスタントラーメンが一番多いんじゃないかなー
と思います。

インスタント麺を使って、簡単に作れる 坦々麺 に挑戦してみましょう~

            20170302 blg

1.肉味噌を作る(フライパンで豚ひき肉、にんにく、生姜、味噌、ラー油、みりん、しょう油、砂糖を入れて、炒める)。
2.鍋に少量の水を入れ、沸騰したらチンゲン菜、もやしなどの野菜を入れ、コンソメを加える。
3.2の野菜が柔らかくなったら、豆乳を入れ、練りごま、酢、ラー油、味噌(豆板醤)、砂糖、ごま油、塩こしょうで味を調える。
4.茹でたラーメンを3に入れ、完成。

マイルドだけどコクがある坦々麺。みんな大好きですよね。
その発祥の地は中国四川省の省都・成都。
実は、本場の坦々麺はスープはなく、
調味料を合えて食べる「汁なし坦々麺」なんですよー。

東京でも「汁なし坦々麺」を食べれる店が増えました。
韓国人は汁好きなので、日本風の坦々麺がもっと合うみたい。

料理が上手な男性って魅力的です。

20170302 blg2

私は速水もこみちさんが大好きです。
あんな男に生まれたら、最高だろうなぁ



*「読んだよー」のしるしにポチっとクリックしていただけたら、うれしいです!いつも応援ありがとうございます。
こちら↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
13:30 未分類 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示