09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

生きるパワーは何か。生きる喜びはどこから?

2017/03/07
生死の不安がない毎日を送れる現在、
食べ物を大事に、ありがたく感じて食べていますか?

私は、アニメ映画で唯一、涙を流した感動作品がある。

日本の映画 「 火垂るの墓 」 である。             
      20170307 blg   

舞台は、兵庫県神戸市と西宮市近郊、戦火の下。
戦争で親を亡くした14歳の兄と4歳の妹が必死で生き抜こうとする。
しかし・・・栄養失調で悲劇的な死を迎えていく。
蛍のように儚く消えた二つの命の物語である。

何かを食べたくて
人の畑をあさり、生の大根をむさぼり食べ、
泥棒のように追い出されるシーン
がある。

悪いことだとわかっていても、戦争中は周りに食べ物がない。
人間は生きるために、人の物でも
生でも何でも食べようとするのだ。
生きるために欠かせない本能的な欲求なのです!

映画の中の主人公は子供。
だから免疫が弱く、栄養もロクに取れなかったために衰弱していきます。

あぁ・・・無情だ。

このシーンが頭に残り、
私は食材、食べ物に対しての態度が変わったといえます。

戦争だけでなく、世界中に貧困、虐待などで十分に食べられない子供もいる。
私は、そんな映像やニュースを見ると、非常に胸が痛いです。
その子供たちを呼んで、食べさせてあげたくなる。ホントに。


映画「火垂るの墓」 [DVD]
火垂るの墓 [DVD]

野坂昭如の短編小説 「火垂るの墓 」
アメリカひじき・火垂るの墓 (新潮文庫)


戦争の傷を知ることは大事だと思う。
体験者ではないが、歴史から学べることは多い。
アジアに住んでいると、戦争の歴史に日本がよく登場する。
現在、住んでいる韓国ではなおさらだ。

韓国ソウル市内には戦争記念館がある。
多くの展示品と資料を観ながら、韓国の戦争の歴史や軍について勉強できる。

20170307 blg2

敷地内にたくさんの飛行機、戦艦、戦車があり、中まで見れる。
命をかけて戦った軍人はここで何を想っていただろうか、
と想像し、ゾクッとする。


韓国では、戦争で食べ物は乏しく、肉は貴重品になってる時に
誕生した料理があります。

ブデチゲ と言い、意味は、ブデ(部隊)チゲ(鍋)。

米軍基地は食べ物が豊富で、賞味期限が切れたハムやベーコンなどを
廃棄処分してたそうです。
その部隊の近辺に住んてた人達が肉の代わりに米軍が捨てたベーコンや、
チーズ、ハムをいれ、キムチと一緒にチゲにして食べたのがブデチゲ。
        20170307 blg3

総菜はアメリカ、味は韓国の物を誕生させたのです。
悲しい歴史が生んだフュージョン料理です。


ソウル北西の京畿道議政府市や、京畿道南部の平澤市の松炭という地域では
プデチゲが有名で専門店も多いらしいです。

通常のブデチゲは、ソーセージ、野菜、キムチの他に、
豆やタンミョン(じゃがいもで生成された麺)やラーメンが入っている。




ソウルのイテウォンに行列ができる店がある、
とダンナがずっと言っていて、
昔に一度行ったら、2時間待ちの行列。
やっと先週末、食事の時間帯をずらして、14:30頃に行ってみたら、
すんなり入れた!

期待を膨らませて、食べたブデチゲはこちら



キムチが入っていない!
キャベツが入っている!

味は洋風・・・ヨーロッパ風?
辛いミネストローネみたいな・・・?
まわやかな味のスープだった。
表現が難しいけど、外国人の私の口には合った。

韓国のスーパーでは、ブデチゲラーメンというインスタントラーメンも売っている。
       

たまに家でも作ります。
鶏ガラスープに入れるヤムニョンは、他韓国料理で使う調味料と同じく、
唐辛子、コチュジャン、ごま油、醤油、みりん、.おろしにんにく、おろし生姜、すりゴマです。
ソーセージ、豆を入れると、ぐーんと「ブデチゲ」の味に変わります。


食べ物を口に入れ、飲み込むことは、
喜びや楽しみにつながり、生活の質を高める重要な役割です。

「生きる喜び」は、まさに食べること!
食べ物のエネルギーを吸収して、「生きるパワー」が生まれます。

食べたいものを自由に食べれる状況に感謝して、
好き嫌いを言わずに、
まだ食べれるものを捨てずに・・・
生きるべきですね。

そして、農家のみなさん、ありがとうございます。


*「読んだよー」のしるしにポチっとクリックしていただけたら、うれしいです!いつも応援ありがとうございます。
こちら↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
13:11 未分類 | コメント(1)
コメント
見たよ
たべものは、大切だね!
うちのいただきます🍴🙏は、
「この糧は、私を守り育てます。いただきます」
なんだよ

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。