09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

軍隊人脈、切っても切れない固い「誇り」

2017/04/01
韓国の男性は兵役の義務があり、
だいたい18-23歳くらいに2年間、親元を離れて、入隊し厳しい訓練を受けます。

うちのダンナは当時3年の義務で、テコンドーの腕を買われて、特殊部隊に入隊したそうにゃ。
パラシュート部に配属され、先輩に絶対服従し、命をかけた訓練をこなした話はよく聞かされました。
厳しい訓練を一緒に乗り越えた同じ部隊の同期生はもちろんのこと、
先輩、後輩たちも戦友で、その後の連絡はずっと途絶えないようです。

       20170401 blg
       出典: search.yahoo.co.jp

定期的な出身部隊の会合があるばかりでなく、
経済的に困った元部隊員がいれば、会費から助ける!
家を建てるとなれば、仲間が集まり、体力で助ける!
軍隊の絆、人脈はものすごい力を発揮します。

軍隊の先輩の強いコネクションがあるいくつかのホテルで、
ビッフェのディナーを無料で食べさせてもらったり・・・
我が家もありがたく、その力を頂いています。


ダンナは海外暮らしが長いですが、韓国が北朝鮮との間で緊張状態(警戒レベル)になれば
海外にも連絡が入り、韓国入国の指示が来たりします。特殊部隊ならではのことらしいですが。
もうおっさんなのに、活躍できるのかぁ
と私は思ってしまいますが、どうも「指令出す側」になるみたいです。

韓国人の愛国心は日本人にはなかなか想像できないでしょう。
「家族のそばを離れて、国のために戦うの?」と聞くと、

国のために戦うのは当たり前」とダンナは言います。

そのときは、私と子供をまず日本に送るらしいです (´∀`*)


どんなに仕事が忙しくても、疲れていても、
出身軍隊の召集が入れば、逃げられないらしく、
酒を飲めないダンナはけっこう苦痛らしい。

飲む量も半端ないみたいだし、先輩は絶対的な存在だから
酔った先輩の相手をするのが大変そう。。。
そこでダンナがとった作戦は・・・

「早く来ーい!」という電話がジャンジャン来ても、
「仕事終わったら、すぐ行きます!」と。
会合が終わりそうな時間帯(夜11時頃)に車で駆けつけて、
酔った先輩たちの前でさも最初から出席していたように見せ、
最後に先輩を家まで送迎してあげる。

まるで、送迎ドライパーです。
これでダンナは毎回、出席する「いい子の後輩」になっているそう。   
  
   
   こんなに凄いのか!韓国の徴兵制


でも、私たち家族は感謝しています。
ダンナ名義の車は、警察登録となっていて、ありがたいことに国の恩恵を受けています。
韓国では国の支援を受けられる優遇ポイントがありますが、
出身部隊も考慮されます。外国人の配偶者がいると、多文化家族というのも対象になります。

明夜は、ダンナが行かなくてはならない軍隊会合の日。
日曜日は「仕事が・・・」の言い訳ができないので、
ファミリータイムの後は、きちんと出席するようです。

お疲れさま。
お国のためにがんばってください。


私は日本のために何かしただろうか?
日本で普通に企業に勤めているだけで、国の発展のために貢献しているんだろうが、
私はほとんど海外就職だったからなぁ。
数々のシンクロの大会に出場している姪は、明らかに国のためにがんばっているな。

ワールドカップサッカーの日韓戦は、
どうしても、ダンナは韓国、私は日本を応援してしまいます。

  20170401 blg2

これは、自然なこと。仕方ないですね。
その国民としての、切っても切れない「誇り」です。


*「読んだよー」のしるしにポチっとクリックしていただけたら、うれしいです!いつも応援ありがとうございます。
こちら↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
11:49 未分類 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。